Welcome to the Office of Takashi Matsuki, M.D. in Seattle, Washington

精神科・心療内科医 松木隆志 の シアトル・ワシントン オフィスへようこそ

精神科・心療内科医 松木隆志 Takashi Matsuki, M.D.

オンラインビデオ通話を用いた遠隔診療で、シアトル市周辺を含むワシントン州全域にお住いの方を対象に、日本語で精神科・心療内科診療、心理療法(サイコセラピー、カウンセリング)、お薬の処方を行っています。

ワシントン州にお住まいの日本人の方の多くが、言葉や文化の壁、日本の家族や友人との離別、生活習慣の違い、現地の職場や学校への不適応、狭い日本人社会内での人間関係の軋轢など、様々なストレスにさらされています。慣れない海外での生活は決して簡単ではありません。ストレスとは万病のもととも言われている様に、強いストレスは気づかないうちに様々なこころとからだの不調を引き起こします。

科学的な根拠に基づいた診療

大学病院での診療・教育・研究活動も行っており、最新の医学、神経科学、心理学の知見に沿った安全で効果的な診療を提供致します。常に知識・技術のアップデートに努めています。

こころとからだのつながりを
重視した診療

米国での精神科・心療内科医としての経験と、日本での総合診療医としての経験の両方を活かし診察を行っています。こころの問題について精神面・身体面の両方から包括的な診療を行います。

対話を重視した診療

薬のみに頼る治療ではなく、心理療法(サイコセラピー・カウンセリング)も積極的に診療に取り入れ、患者さんひとりひとりとじっくり時間をかけて診療致します。

こんな症状ありませんか?

気分の落ち込み、憂うつ感、抑うつ気分、ストレス、不眠、過眠、悪夢、いらいら、食欲亢進、もやもや感、怒り、食欲減退、記憶力の減退、物忘れ、倦怠感、疲労感、興味の消失、集中力の低下、喜びの消失、喪失感、孤独感、焦燥感、罪悪感、悲壮感、不安、パニック、恐怖症、空虚感、潔癖症、強迫症状、注意散漫、原因不明の体の不調、落ち着かない、めまい、痺れ、頭痛、頭重感、原因不明の痛み、耳鳴り、性欲減退、性機能障害、過食、拒食、リストカット、自殺願望、自傷行為、行動の変化、性格の変化、知覚の変化、思考の変化、禁煙できない、節酒・禁酒できない、薬がやめられない (睡眠薬や痛み止めなどの処方薬、マリファナ、その他各種違法脱法ドラッグ)、など

精神科・心療内科医 松木隆志 Takashi Matsuki, M.D.

こんなことでもお気軽にご相談ください

駐在生活の悩み、海外生活の悩み、仕事上の悩み、過重労働、過労、人間関係の悩み、不登校、引きこもり、学業の悩み、家庭内暴力、自己嫌悪、育児・子育ての悩み、夫婦関係の悩み、過去のトラウマ、恋愛関係の悩み、将来についての悩み、容姿の悩み、性生活の悩み、対人恐怖、体型の悩み、赤面、震え、あがり症、アイデンティティーの悩み、ジェンダーの悩み、体の病気に伴う不安、親しい人との離別、退職後の不安、老後の不安 、など

薬の処方による治療だけでなく、薬を用いない治療 (心理療法、心理カウンセリング・サイコセラピー) も積極的に行っています。お薬が必要ないと思われる方もぜひお気軽に お問い合わせ 下さい。
診療に関する詳細は こちら をご覧下さい。

精神科・心療内科医 松木隆志 オフィスイメージ

About Telemedicine

遠隔診療について

オンラインビデオ通話を用いた遠隔診療・カウンセリング

米国では、オンラインビデオ通話を用いたカウンセリング・遠隔診療が既に一般的になっており、多くの州で従来の対面診療と同等の診療として認められています。研究により、対面診療と同等の質の診療を提供できることが証明されているため、安心して診察を受けていただけます。様々な理由で対面診療が困難な患者さんにとって、とても便利な選択肢です。

患者様のプライバシーを守る法律である HIPAA の規定に準拠して作成された遠隔診療専用のオンラインビデオ通話プログラムを用いて診療を行いますので、個人情報漏洩の心配はありません。遠隔診療は、デスクトップはもちろんのこと、スマートフォン、タブレットでも簡単にご利用いただけます。

当オフィスでは現在ワシントン州、ジョージア州、テキサス州、ニューヨーク州、ニュージャージー州にてオンライン遠隔診療を提供しております。

ニューヨーク州、ニュージャージー州近郊にお住いの方は、
ニューヨーク、ニュージャージーオフィスのウェブサイト をご参照下さい。

テキサス州にお住まいの方は、テキサスオフィス のウェブサイトをご覧ください。

ジョージア州にお住まいの方は、ジョージアオフィス のウェブサイトをご覧ください。

州医師免許の規定上、現在上記以外の州に滞在中の方にはオンライン遠隔診療はご利用出来ません。他州にお住まいでも、診察時に上記州内にいらっしゃる場合はオンライン遠隔診療をご利用できます。その他の州への遠隔診療サービスの提供は現在準備中です。

遠隔診療の詳細はこちら